7月兼題 「夏帽子」「割」

7月もメール句会となりました。8月は夏休みで休会としました。
9月も感染状況によってはまたメール句会となります。

夏帽子旅約束反故にされ       コッコ
西瓜売りタクラマカンのバスの旅   夢子
七夕や遠からねども逢えぬ母     明子
遠吠えのごときいかづち地を突いて  寛子
立ち昇る雲に挨拶夏帽子        緑
夏帽を目深に美人度二割増し      蘭

トムソーヤになりきれた日の麦藁帽  七厘
カンカン帽粋に傾け講師来る      玲子
崖下へもつれて梅雨の番ひ蝶      郁子
夏よ来い力溢れる剋太の書       まり
どれ買おかあれこれ試す夏帽子     まえの